患者支援センター

当センターでは、入院生活や入院後の経過について細やかな説明を行なっています。検査や手術・入院生活等について理解を深めていただき、退院後の生活を含め、安心して医療を受けていただくことを目的としています。
また、がん診療や医療福祉等、医療に関するさまざまな相談の窓口として、患者さんやご家族への支援を行なっています。
医師や看護師をはじめ、薬剤師、医療相談員、管理栄養士、理学療法士、医事課職員、医師事務作業補助者など多職種のスタッフが連携して、対応を行っています。

入院までの流れ

おもな業務内容

【予約入院受付】

入院生活のご案内や高額療養費制度、病室の説明など、入院生活を送るための準備について医事課職員が説明します。

【基本情報の聴取】

入院に必要な患者さんの情報を聞き取りながら、不安や疑問に看護師がお答えします。

【医療福祉相談】

医療費助成の説明、退院後の生活等について、医療相談員がご相談に応じます。

【薬剤管理】

現在処方されている薬や健康補助食品の利用などをお聞きし、手術前の薬の中止や変更などについて薬剤師が説明します。

【栄養相談】

手術前に必要な栄養指導や栄養状態の評価、入院中の食事の説明などを管理栄養士が行います。

【リハビリ相談】

手術前の筋力や日常生活動作の確認、手術後のリハビリテーションの説明などを理学療法士が行います。

【歯科・口腔ケアの調整】

手術前に口の中の状態を評価し、良好な状態で手術を受けられるようにブラッシング指導などを行ないます。必要があれば、歯周病や入れ歯などの治療を行うための調整を行います。